株式会社三村興業社

若手社員からひとこと A word from a young employee

若手社員からひとこと

下斗米 宏之 (2018年4月入社) 土木部門 | 工事2課

三村興業社では主に、道路と海の工事をしています。

道路工事では国道338号線と十和田国道の維持工事、他には切削オーバーレイ工事などをしており、海の工事では、三沢漁港と百石漁港でケーソン据付工事、浚渫工事などをしています。また、建築工事や民間工事も行っています。

専門用語ばかりで恐縮ですが、どんな工事内容かを、詳しく知りたい方は、青森県ポータルサイトをご確認ください。

私がこの会社に入ってからは、資格を取得するまでの間に、先輩と組み、先輩が行っている工事を、仕事を教えてもらいながら手伝ってきました。

最初は鋼管矢板の打設工事、次の工事は鋼矢板のグラウンドアンカーでの補強、次の工事は三沢漁港のケーソン据付工事でした。

仕事内容は書類の整理や工事現場の巡視、構造物の測定など様々なことを経験させてもらいました。

そして、土木施工管理技士二級に合格した後は、切削オーバーレイと側溝の入れ替えの工事の現場代理人となりました。 土木施工管理技士二級の資格を取得すると社長の代理として現場の管理.監督できるようになります。

現場代理人としての仕事は初めてなので、わからない事だらけで、考えなければならない事、書類の作成などが山積みでしたが、先輩や協力業者の方に丁寧に教えていただき、助けられながら、なんとか完工することができました。

現場を管理するのは大変ですが、計画していた通りに施工が進行したり、何事も起こらず1日を終えると、うれしくなります。

自分がやり遂げた構築物が物として残る事でやりがいを感じます。